コロンビア産 「スプレモ」

【良いとこ取りの「コロンビア スプレモ」】
酸味・苦味ともにバランスの良い銘柄です。
コーヒーを飲み慣れていない方へ特におすすめです。
10gのコーヒー粉で200ml(カップ1杯分)のコーヒーを作るのがおススメです!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コロンビア産のこちらのコーヒー豆は喫茶店のブレンドのベースによく使用される銘柄です。
酸味・苦味・甘味どれをとってもバランスが良い味わいです。
コロンビア産の栽培方法はとても丁寧です。
採取される時に一般的な機械採取ではなく、人の手によって採取されるため、
不純物(石や破片)や欠点豆(虫食い豆)が混入しづらいハンドメイドのような栽培方法です。
丁寧に採取されたコーヒー豆を「直火焙煎」にて美味しく仕上げております。

生産国 コロンビア
酸味 ★★★☆☆
甘味 ★★★☆☆
苦味 ★★★☆☆

焙煎度 シティロースト
======================
シティローストは、
酸味と苦味が調和しているような状態です。
キツイ苦味を感じることなく、コーヒーを楽しめます。
======================
【内容】
100gの内容量での販売となります。
『豆』売り
『粉』売り・・・中挽きにて販売します。

【一杯分に使うコーヒー粉の量】
台形のドリッパー:コーヒー粉の使用量 10g
円錐のドリッパー:コーヒー粉の使用量 12g
ネルドリッパー:コーヒー粉の使用量 12g~15g

【パッケージの機能】
コーヒーパッケージは自立式で、キッチンの整理整頓や片付けに邪魔しません。
保存が簡単なチャック式のパッケージです。

【ご注文を頂いてから】
『注文』をいただき次第、スピーディに焙煎作業に取り掛からせていただきます。
焙煎が完了した、"当日" に発送させていただきます。

価格は一般的な値段よりも"安価"に、そして品質は"高価"に設定させて頂きました。

【Beans Base(ビーンズ・ベース)が掲げるコンセプト】
いつも考えていました。
「コーヒー粉をハンドドリップのときに、
フィルターの中で膨らませるにはどうしたらよいか・・・」
コーヒー粉を膨らませるためには、
コーヒー豆が焙煎したての新鮮でなければなりません。
そんな新鮮な膨らむ豆をお客様に提供するには、
お客様から注文を受けた後、
==============
||  "焙煎をして、その日"  ||
==============
に発送するという構図が浮かび上がってきました。

コンセプトは『焙煎した当日に発送!』です。
そのコンセプト通りに今日も、営業しております!

丁寧にコーヒー豆を作っています!

コーヒーの味わい方はお客様の味覚によって変化します。
そのため、100点満点のコーヒーは存在しないと考えています。
しかしカフェBeansBaseは、出来るだけ様々なお客様が「このコーヒーは美味しい!」と言って下さるほどの100点満点に近いコーヒー豆を焙煎中です。
様々な味わいのコーヒー豆をBeansBaseは扱っています。

コーヒーの味わいを決める「焙煎」という作業

コーヒー豆を作るには、仕入れてくる「生豆」に火を通して「焙煎」という作業を経ています。
「生豆」から不純物の欠点豆や木片を取り除く作業をしてから、約15分の焙煎を経て、やっとお客様の前にて抽出作業(コーヒーを淹れる)が出来ます。
オンラインショップBeansBaseは、焙煎後にどんどん味わいが劣化していく「酸化」を出来るだけ抑えるために「焙煎当日、発送」をコンセプトにしています。
ぜひご賞味ください!

生豆から欠点豆を取り除いている様子

生豆から欠点豆を取り除いている様子

焙煎作業中の様子

焙煎作業中の様子

BeansBase店舗内でのコーヒー抽出の様子

BeansBase店舗内でのコーヒー抽出の様子

¥ 550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は5点までのご注文とさせていただきます。

※1回のご注文毎に送料890円が掛かります。

通報する

ショップの評価